株式会社札幌振興公社

ホーム > 環境に関する基本方針

環境に関する基本方針

基本方針

株式会社札幌振興公社は、環境にやさしい事業運営を目指し、利用者に親しみある施設造り・自然環境の豊かな地域社会造りに貢献するため、全組織を挙げて環境改善活動に取り組みます。

方針

株式会社札幌振興公社は、公共関連施設の管理、建物賃貸・駐車場の管理運営、観光事業及びそれらに関するサービス等から発生する環境影響を低減するために、次の方針に基づき環境改善活動を推進します。

  • 当社の活動・商品・サービスに関わる環境への影響を常に認識し、全社を挙げて環境マネジメントシステムを継続的に改善し、汚染の予防に努めます。
  • 環境に関連する法律、その他規制及び当社が同意するその他要求事項を遵守します。
  • 当社の事業活動・商品・サービスに関わる環境に影響を与えることが想定される要因のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    • (1)当社の管理施設・事業活動において発生する電気・ガス・水道・事務用紙等の消費量削減に努めます。
    • (2)一般廃棄物の削減を徹底するとともに、資源ゴミのリサイクルを推進いたします。
    • (3)自動車等使用時の燃料の消費節減を図ります。
  • この環境に関する基本方針を達成するために、環境目的・目標を設定し、当社の全従業員が理解・行動できるように周知徹底を図り、全社で環境改善活動を展開するとともに、定期的に見直しを実施し更なる改善・推進に努めます。

また、この環境に関する基本方針は、全従業員に周知徹底するとともに、ホームページ等を通じて社外にも公表いたします。

平成18年12月1日制定
株式会社 札幌振興公社
代表取締役社長 星野 尚夫

[北海道環境マネジメントシステムスタンダード(HES)STEP1認証取得]
取得年月日 2007年5月30日
登録範囲 登録組織(本社事務所、札幌駅周辺自転車等駐車場、レールパーク札幌駐車場、大倉山事業所、藻岩山事業所、円山事業所)における駐車場等の不動産賃貸事業、観光関連施設や児童遊園施設等の管理運営に係わる全ての事業活動
HESとは ISO14001の規格を基本とし、中小企業が容易に環境問題に取り組みやすくした北海道版の管理システムで、P・D・C・Aのサイクルを継続的に回すことで環境改善活動とレベルアップが図れるシステムです。
北海道環境マネジメントシステムスタンダード(HES)STEP1認証取得

このページの上へ

もいわ山ロープウェイ安全報告書
大倉山ジャンプ競技場リフト安全報告書
WEB限定お得なクーポン
オリジナル商品紹介